その他

パピックスの検査は自己採取でOK!やり方は簡単?!

パピックスの自己採取のやり方

パピックスは、自宅で子宮頸がんの検査ができるキットです。

病院に行く時間がない、恥ずかしいという人は、まずはパピックスで検査をしてみましょう。

「でも、自己採取って難しいの?」と思うかもしれません。

自宅でも簡単に自己採取できますから、安心してくださいね。

パピックスで、自宅で自己採取する方法などを紹介していきますね。

 
先にパピックスを公式サイトから確認するのならこちらから
↓ ↓ ↓
https://papiqss.jp/

パピックスの自己採取のやり方が知りたい!本当に簡単?

子宮頸がん検査が自宅で可能なパピックスですが、子宮頸部の細胞をご自身で採取する必要があります。

「細胞の自己採取」と聞くと少し怖いような気もしますよね。

でも、ご安心ください。

パピックスの器具は、抵抗感なく使用できるように、日本で製造されたものです。

先端は細いスポンジ状で、柔らかいので安心して使用できますよ。

自己採取のやり方について、ご紹介していきたいと思います。

1)スポイトを利き手で持ち、親指と中指でしっかり支えてください。

2)楽に挿入できるリラックスした体勢で、持ち手の部分までスポイトを挿入します。
スミレ色の部分が膣内に全て入るぐらいまで挿入してください。

3)持ち手先端についているボタンの部分を押し、ピストンの先からスポンジを膣内に押し出してください。

4)膣壁に沿うように、5~6回スポイト本体をゆっくりと回します。
こうすることで、細胞が採取できます。

5)スポイトのスミレ色の部分が半分ほど出てくるあたりまで、スポイトを抜きます。

6)持ち手先端のボタンを、カチッと音がするまで引きます。
スポンジがスポイトないにしまわれます。
その後、スポイトを完全に引き抜いてください。

以上が細胞自己採取のやり方です。

柔らかいスポンジ状なので、痛みを感じることはありません。

文章にすると長いように感じるかもしれませんが、短時間で細胞の採取は終わりますので、とても簡単ですよ。

リラックスして、焦らずゆっくり行なってみてください。

 
パピックスを公式サイトから確認するのならこちらから
↓ ↓ ↓
https://papiqss.jp/

パピックス子宮頸がん検査ってどんなもの?

あなたは、子宮頸がんについて、詳しくご存知ですか?

子宮の入り口である子宮頸部に発生するがんのことです。

定期的な子宮頸がん検診、ワクチンの接種で予防することが可能な唯一のがんなんです。

ところが欧米諸国に比べて、日本では検診受診率がかなり低いのが現状です。

子宮というデリケートな部分だけに、
「検診は恥ずかしい…」
「検診に行くのは面倒」
と思っている方が多いようです。

そんな方にオススメしたいのが、「パピックス」です。

自宅で簡単に、子宮頸がん検査ができるキットなんです。

自分で採取した子宮頚部の細胞を郵送すると、検査結果をWEBで確認することができるという、子宮頸がん検査サービスなんです。
これなら恥ずかしい思いをすることもないですし、忙しい方でも簡単に検査することができますよね。

「でも自分で細胞の採取なんて、大丈夫なの?」

子宮頚部の細胞採取は、ほんの数分でできる簡単なものです。

採取器具も日本製で扱いやすく、抵抗感なく使用できるものを採用しています。
痛みもありませんし、安心して使用できます。

子宮頸がん予防には、検査を受けることが何より大切です。

自宅で子宮頸がん検査ができるパピックスなら、手軽に検査が可能です。
自己採取の方法も、とても簡単です。

「子宮頸がんは気になっているけれど、検査に行くのは怖い」
なんてお考えの方、ぜひ試してみてください。

パピックスで検査するHPVって何?

パピックスで、子宮頸がん検査が可能だとご案内しました。

検査方法はHPVに感染しているのか、を調べるという内容なんです。

「HPVって何?」
聞きなれない言葉ですよね。

HPVとは、ヒトパピローマウイルスのことです。

HPVのウイルス感染により引き起こされるのが、子宮頸がんなんです。

性交渉のある女性なら、1度は感染すると言われているのがHPVです。

ですが、感染しているからといって必ず子宮頸がんになるというわけではありません。

ほとんとの場合が、ウイルスは勝手に消滅していきます。

ですが、10年以上持続感染してしまった場合は、がんへと進行してしまうこともあるんです。

HPVには、ハイリスク型HPVとローリスク型HPVの2タイプあり、ハイリスク型HPVが子宮頸がんの原因となるとされています。

ハイリスク型HPVの中でも、16型と18型と呼ばれるものが危険だとされており、早い段階でがんへと進展するとの報告があるんです。

パピックスはタイピング解析により、HPVに感染しているかどうかだけでなく、何型に何種類感染しているのかまで調べることができるから、子宮頸がんのリスクをより詳しく判別することが可能なんです。

検査によって唯一予防できるがんである、子宮頸がん。
恥ずかしいからと検査を避けている方は、ぜひパピックスを試してみてください。

パピックスの検査はどれほどの精度なの?

自宅で細胞を採取し、送付することで子宮頸がん検査が可能なパピックス。

「病院での検査に比べると、精度が低いのでは?」
「本当に信頼できるの?」
と不安を感じる方もいらっしゃると思います。

ですがパピックスで可能な検査は、かなり高品質なものなんです。
自己採取でも、高性能な検査が可能です。

採取された細胞を検査するのは、国内ではたった21カ所しかないCAP(米国病理学会)が認定する、品質のマネジメントを高度に管理されている検査機関です。

さらに、FDA(米国食品医療品局)が承認済みの機会を用いて検査しているので、精度の高い検査が可能なんです。

もちろん、プライバシーも遵守いたします。

検査が完了した段階で、メールにてご連絡いたします。

所定のWEBページにアクセスしていただき、メールアドレスとご自身で設定していただくパスワードを入力していただくと、検査結果が表示されるようになっています。

デリケートな問題ですので、他人に簡単に知られるようなシステムでは困りますよね。

安心してお申し込みください。

自宅で細胞を採取しての検査といえども、パピックスは信頼できる高品質な検査システムを確立しています。

プライバシー管理もしっかりしておりますので、安心して検査できますね。

パピックスはどのように販売されているの?

パピックスは、簡単に自己採取で子宮頸がん検査ができ、なおかつ精度も高いことが判明しました。

「販売はどのようにされているの?」
「申し込み方法は簡単なの?」

パピックスに興味はあるけれど、販売方法が気になる方のために、詳しくご紹介していきたいと思います。

まず公式サイトの「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしていただきます。

お名前や住所など必要事項の入力をします。

お支払いはクレジットカード、銀行振込、代金引換を選択することができます。

続いて問診票を入力してください。

正確な検査を実施するために必要です。

ご入力いただいたメールアドレスに、検査終了のご連絡をいたしますので、間違いのないようにしてください。

「子宮頸がん検査って高いのでは?」
「検査費用はいくらなの?」

パピックスのお値段も気になりますよね。

パピックスは1回6800円(税別)となっています。
別途送料がかかることはありません。

検査完了の連絡が届いたのち、所定のウェブサイトにアクセスしていただき、メールアドレスとパスワードを入力すると、検査結果をご覧になれます。

パピックスの利用方法はとても簡単です。

病院での検査にためらいを感じている方は、ぜひ利用してみてください。

パピックスの口コミ評価は?

いくら簡単に子宮頸がん検査ができる、といご紹介したところで、

「本当に?」
といった疑問は残りますよね。

実際に試してみてどうだったのか、気になるところだと思います。

パピックスをお試しになった方から寄せられた、口コミ評価をご紹介したいと思います。

・申し込みからすぐにキットが届きました。説明書がシンプルでわかりやすくて良かったです。

・検診に行くのは億劫でしたが、自分でできるなら気軽だし年に1度はやりたいと思います。

・検査結果はネット上で自分だけが見ることができるので、安心して申し込めました。

・採取キットがどのようなものか不安でしたが、意外と細くタンポンのような感覚で使うことができました。痛みはありませんでした。

・他のメーカーの検査キットより値段も安くてコンパクトです。

・採取キットを初めてみたときは、「これで検査できるの?」と頼りない気もしましたが、検査結果がきちんと出てきて安心しました。

・子宮頸がん検診を病院で受け、HPV検査の結果陽性となり、経過観察となりました。病院へ行くのが面倒になり、パピックスを利用しました。こちらでも陽性反応がでたので、信頼できると思います。

・採取器具を見たときには少し不安を感じましたが、実際に使ってみると思っていたより簡単でした。

・子供も小さく検診に行く暇がなくてしばらく検査できていませんでしたが、子供のためにも何かあっては大変と郵送検査を受けてみようとネットで検索してパピックスにたどり着きました。結果も早くて安心できました。

やはり細胞の自己採取というと、最初はみなさん戸惑うようですが、実際に使ってみたら簡単だったという口コミが多いようです。

 
パピックスを公式サイトから確認するのならこちらから
↓ ↓ ↓
https://papiqss.jp/