ダイエットコラム

着圧ソックスは履きっぱなしでも大丈夫?思わぬトラブルも!

むくみ解消アイテムとして人気の着圧ソックス。

夕方のむくんだ足に履いてあげると、ギュッと圧がかかる感じが気持ちいんですよね。

夜、履いて寝れば足のむくみもスッキリするお役立ちアイテムが着圧ソックスです。

「24時間、いつでも履けます」なんていううたい文句の着圧ソックスもあります。

ですが、本当に24時間履きっぱなしでも大丈夫なのでしょうか?

着圧ソックスの履きっぱなしについて調べてみました。

着圧ソックスを24時間履くときは選び方が重要!

着圧ソックスは、昼夜を問わず本当に履きっぱなしでも大丈夫なのでしょうか?

実は、履きっぱなしでも良いかは商品によります。

「一日中履きっぱなしでもOK」という商品もあれば「夜就寝時用」というものもあります。
逆に「就寝時は着用禁止」というものもあります。

基本的には、一日中履きっぱなしでOKと言う着圧ソックスがほとんどです。

ですが、24時間毎日連続して履くことで、長時間足が圧迫され続けます。
すると、逆に足がむくんでしまうこともあります。

ずっと着圧ソックスを履きっぱなしにするのではなく、ある程度メリハリを付けた方がいいでしょう。

着圧ソックスを選ぶ際、気にしたいのが着圧レベルです。

加圧力が高すぎると、血行不良の原因となってしまうこともあります。

着圧ソックスのパッケージには、圧力の強さを示す数値が表示されています。
単位はmmHgや、hpaなどで、数値が高ければ高いほど圧力が高いということになります。

ソックスを選ぶときに「むくみを早く解消したい」と着圧レベルが高いものを選ぶのは、実は間違いなんです。

日常生活の中で起きてしまった「むくみ」を解消するなら、弱圧〈15~20mmHg〉中圧〈20~30mmHg〉くらいで十分です。

強い加圧力があるから、効果が高いというわけではありません。

着圧ソックスを履きっぱなしだと、お肌のトラブルも

履きっぱなしでOKという着圧ソックスでも、トラブルが起きないわけではありません。

着圧ソックスを履きっぱなしにすることで、起きてしまう肌トラブルモがあります。

長時間、着圧ソックスを着用していると、かぶれや湿疹などが起こる可能性もあります。

着圧ソックスを履くと、血行がよくなります。
血行がよくなると、足に汗をかきやすくなるんですね。

汗をかいたままの着圧ソックスを履くことで、かぶれの原因にもなります。

24時間履きっぱなしにするのであれば、同じ着圧ソックスをずっと履くのではなく、こまめに履き替えるようにしましょう。

着圧ソックスによる、むくみケアはとても効果的ではあります。

ですが、体の中からむくみ体質を改善してあげることも大切です。

体を温めてあげたり、マッサージ、むくみを解消する効果のある食べ物をとったり、手軽に摂れるサプリメントもあります。

長時間履き続けることができる着圧ソックスは、気軽に取り入れられるむくみケアの一つです。

しかし、選び方や使用方法を誤ってしまうとトラブルの原因となってしまうので注意が必要です。
着圧ソックスを上手に取り入れて、むくみをすっきり解消していきましょう。