美容コラム

ナディノラはシミに効果絶大?!使用時には注意点あり!

ナディノラの効果

日本人女性の間でも、年々気になるシミケア対策は話題になっています。
新商品が出ると、その度にその効果の高さや成分などに注目が集まります。

そんなシミケア対策クリームで、今最も話題沸騰中なのが「ナディノラ」という商品です。

アメリカ製の美白クリームで、高い効果が期待できるのではないかと噂されています。

今回はそのナディノラについて、商品の特徴や使い方、危険性、副作用、購入方法などをまとめてご紹介させていただきます。

ナディノラの効果とは?シミケアできるの?

☆ナディノラの特徴について

ナディノラには、シミ消しと美白に高い効果が期待できるとされている「ハイドロキノン」が含まれています。
その量3%とかなり高くなっています。

ビタミンCやプラセンタなどと比較すると、ハイドロキノンの効果は10~100倍ともいわれています。

できてしまったシミを消す効果が期待できるものとなっており、市販の商品としてはかなり珍しいといえます。

☆ナディノラの使い方

ナディノラの使い方に、特に難しいことはありません。
シミやそばかすなどが気になる部分に、1日2回程度塗るだけです。

ナディノラを塗ってから太陽の光を浴びると、ハイドロキノンの働きによって、シミが増えてしまうおそれもあります。
ですので、使用は夜寝る前がおすすめです。

もし日中も使用したいということであれば、ナディノラを塗ったその上から、日焼け止めクリームなどをしっかり塗って対策するようにしてください。

ナディノラは、ハイドロキノンが高濃度配合されています。
ですので、初めて使用される方は、必ず事前にパッチテストを行ってください。

寝る前に肘などに少しだけ塗り、お肌の状態をチェックしてください。

肌に赤みなどでず、変化がなければ使用OKです。

それでも最初からたくさん塗らずに、少量ずつ気になるところにつけていくようにしましょう。

☆危険性と副作用について

ハイドロキノンという成分は、高い効果が期待できる分、肌への刺激も強い物となります。
お肌に合わないと、「赤み」「かぶれ」「炎症」「色素沈着」といった副作用の症状がでることもあります。

今までいろんなコスメを使ってきて、お肌に何の異常も現れなかったという方であっても、ナディノラをお使いの前には、できるだけパッチテストを行ってください。

また、ハイドロキノンという成分はメラニンの生成を抑制する働きがあります。

そのため、紫外線に対する抵抗力が低下してしまいます。
ナディノラを塗って外出される際には、必ず日焼け止めもしっかりと塗って、紫外線対策をするようにしてください。

ハイドロキノンは、あまり濃度が高い物を使用すると、肌を必要以上に白くしてしまったりします。
また、長期間使用で、白くまだらになる白斑といった症状が出る可能性もあります。

ナディノラを使って、シミが薄く目立たなくなったら、そこで使用を中止するようにしてください。
長期間使用は避けましょう。

ハイドロキノンの効果や使い方について

シミやそばかすなどに効果がある成分というのはいろいろあります。

シミに効果が高いとされているのが「ハイドロキノン」という成分です。

とても高い美白効果が期待できる成分なので「シミを消したい!」と思っている女性の間で、人気の成分となっています。

ハイドロキノンには一体どのような効果が高い分、使用には注意も必要です。

<効果>

ハイドロキノンはシミを薄くしてくれる効果があるとして知られています。

シミにはいくつかの種類があり、その中の

・肝斑(女性ホルモンが影響しているとされるシミ)
・日光性黒子(老人性色素班。紫外線を浴び続けたことが原因のシミ)
・炎症性色素沈着(虫刺されやニキビ跡が色素沈着したことが原因のシミ)

以上の3つのシミに効果があるとされています。

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」といわれるほど、美白効果の高さは有名です。

その他の美白成分を比較すると10~100倍とされています。

メラニンの生成を抑制したり、メラニン色素を生成する色素細胞である「メラノサイト」を減少させる効果が期待できます。

すでにできてしまったシミを薄くしてくれるだけでなく、予防する効果もあることから、ハイドロキノン配合のコスメはとても人気があります。

<使い方と注意点>

ハイドロキノンを使用する前に、必ずパッチテストを行ってください。

ハイドロキノンは高い効果ある分、肌にも強い刺激を与える成分です。

どんなに肌が丈夫という方でも、パッチテストは必須です。

パッチテストで問題がなければ、お肌を清潔な状態にして、いつも通りスキンケアを行ってください。
そのあと気になる所にハイドロキノンを塗ってあげましょう。

ハイドロキノンの特性上、塗ってから紫外線にあたることはよくありません。

シミが濃く成ったり、お肌に刺激を与えてしまう可能性があるので、できるだけ夜のスキンケアの時に使うようしてください。

どうしても外出前の使用になってしまう場合は、ハイドロキノンを塗ったその上から日焼け止めを使用してしっかりと紫外線対策を行ってください。

効果には個人差がありますが、ほとんどの方は1ヶ月程度で変化がみられるようになります。

刺激の強い成分ですので、3ヶ月以上の継続使用は避けてください。

<副作用について>

ハイドロキノンを使用して起こりえる可能性がある副作用の症状としては、

・赤みや炎症やかぶれ
・白斑
・シミが悪化

などがあります。

濃度の高いハイドロキノンを使用し続けると、使った部分だけが異様に白くなり、お肌がまだらな状態になってしまうことがあります。

また、ハイドロキノンを使用してから紫外線を浴びることで、シミが濃くなることがあります。

外出時だけでなく、屋内にも紫外線がふりそそぐ場所があるので、日中に使用する場合は、紫外線対策も忘れないようにしてください。

ハイドロキノン、非常に高い効果が期待できる成分ではありますが、使い方には十分注意が必要です。

また、副作用の可能性もあります。
使用前にはしっかりと注意書きなどに目を通し、用量や使用期間などを守って使っていきましょう。

ナディノラの購入方法は?輸入品でしか買えないの?

ナディノラは、楽天、Amazon、ヤフーショッピングなどの大手通販サイトで購入することができます。
まとめ買いをするとお得になるショップもあるようですので、価格比較をして検討なさってください。

ただし、あくまでも輸入品となります。

日本製ではありませんし、正規店からの販売でもありません。

購入の際は、自己責任となることを忘れないでくださいね。

ナディノラは、ハイドロキノンを高濃度配合していることもあって、非常に高い効果が期待できる商品であることは間違いないでしょう。

ですが、高い効果があるため、リスクもつきものだということを忘れないでください。
長期間の使用はあまりおすすめできません。

効果がでないからといって、だらだらと使い続けたり、シミが薄く目立たなくなってからも使い続けるのはできるだけ避けたほうた良いでしょう。

使用前には、注意書きをしっかりと読んで、必ずパッチテストを行うようにしてくださいね。